FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「ラスト・ブラッド」公開記念 闘う女子学生20連発
2009-04-23 Thu 13:20
今年度の映画は「ヤッターマン」に始まり、「ドラゴンボール エボリューション」「ストリートファイター レジェンド・オブ・チュンリー」「釣りキチ三平」「昴 ‐スバル‐」「ひぐらしのなく頃に 誓」など、漫画・アニメ・ゲームの実写化の波が押し寄せていますが、個人的に一番楽しみにしているのが来月公開の「ラスト・ブラッド」だったりします。
プロダクションIGのアニメーション作品「BLOOD THE LAST VAMPIRE」のハリウッドでの実写化になるんですが、予告を観ると主演の小夜が韓国人だったり、小雪がいたり、翼手は吸血鬼なのにただの鬼みたいな扱いになってたり、カンフー映画のテンプレにありそうな風貌の老師が出てきたりと既にヤバい匂いがプンプンしててオラワクワクしてきたぞ!いや、それでも、例え小夜が日本人じゃなくても、セーラー服と日本刀の奇跡的な調和は実写でも健在。ああ、どうしてセーラー服にはこんなにも日本刀が合うのだろうか…。
いや、日本刀に限らず闘う女子学生というのは本当に格好良い。
そこで、銀幕を彩った記憶に残る闘う女子学生を独断と偏見でピックアップ!
名付けて「闘う女子学生20連発」さぁ行ってみよう!




ami.jpg
日向アミ  登場作品「片腕マシンガール」
ヤクザの息子グループにリンチされて殺された弟の仇討ちにと敵の本拠地に乗り込んだ女子高生アミは、敢え無く捕えられ残虐非道な拷問を受け片腕を失う羽目に。しかし、命からがら逃げ延びた先の自動車修理工場で入手したガトリングガンをプラモデル感覚で装着し、彼女は「片腕マシンガール」として覚醒する。


catter.jpg
片腕カッターガール  登場作品「東京残酷警察」
売春をしていた女子高生がエンジニア(要は突然変異)になった姿。リストカットの影響からか片腕がカッターナイフに変異しており、エンジニア狩りをする警察軍団と対峙する。唐突に現れたナギナタ使いの婦人警官とチャンバラをするシーンは鳥肌が立つ程格好良い。名前は全くの不明だが、売春の元締めをした女がエンジニアの男に襲われた際に、「若い娘の方が良いでしょ?…ヨーコならすぐ来れるわ」みたいなことを言っていたので、もしかしたら彼女がヨーコなのかも。


sakurasaku.jpg
夏目さくら  登場作品「制服サバイガール」シリーズ
つまらなそうなテーマパークが遺伝子組換え実験で誕生した植物の影響で愉快なゾンビランドへ。遊びに来ていた女子高生のさくらは敵の弱点を見事見抜き、(ゾンビの見た目が植物っぽいから弱点は除草剤なんじゃね?という安易な発想)、除草剤を浸した日本刀でツタ野郎をブッた斬る!途中で彼女が感染していることは本人も観客も承知の筈なのに、まるで衝撃の結末であるかのように腕に咲いた禍々しい色の花を映し出すラストシーンは違った意味で衝撃的。そして続編では…合掌。


higurashi-2.jpg
竜宮礼奈 登場作品「ひぐらしのなく頃に」シリーズ
“レナ”の愛称(ってか自称)で親しまれている雛見沢分校の生徒。粗大ゴミの山から可愛い宝物を見つけるのを生き甲斐にしている超変人。母親の仕事の都合で一度茨城に引っ越しているが、校舎の窓ガラスと男子生徒の頭を破壊した為、精神病院に入れられる。1作目では特に見せ場も無く撲殺されて終わったが、2作目の「誓」では自分の父親を騙していた美人局の2人を鉈で気持ちよく惨殺し、オカルトマニアの女に見せられた怪しげなノートブックに書かれている妄想話を真に受け、生徒を人質に学校を占拠したり、鉈女呼ばわりしてきた幼女を返り討ちにしたりと、数々の暴走行為を繰り広げる。ラストは屋根の上で同級生の圭一とチャンバラをしている最中に駆け付けた警官隊の銃弾の前に撃沈、救急隊に運ばれる。生死は不明だが、どっちにしろその後に大災害があるから…


eri.jpg
雪崎絵里  登場作品「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」
家族の悲惨な交通事故死をきっかけに現れた謎のチェーンソー男と戦い続ける女子高生。木刀やナイフ、ゴルフクラブなどの凶器を使ってチェーンソー男と死闘を繰り広げる毎日を送るが、自分が不幸になればなるほど強くなる敵に戦況は徐々に劣勢になっていく。最後は彼女をいつもサポートしていた他校の男子生徒・山本陽介がバイクで特攻をかまし、チェーンソー男は彼女の前から姿を消した。


aiko.jpg
火請愛子  登場作品「エクスクロス 魔境伝説」
自分の寝取った男が同じ大学の友人の彼氏だったことの罪悪感から友人を温泉旅行へと誘うものの、そこは余所者の足を切り落として生贄にするというバイオレンスな因習漂う寒村だった…。巨大ハサミを振りかざし、しつこく迫る殺人鬼に堪忍袋の緒を切らした彼女は、たまたま落ちてたチェーンソーのエンジンをフルスロットルさせ、戦いに挑む。


kuchisake2.jpg
沢田真弓  登場作品「口裂け女2」
姉の元カレが腹いせにぶっ掛けた流酸が妹の真弓に誤爆。顔面に大火傷を負った彼女の口は大きく裂け、憧れの先輩にもガン無視される始末。度重なる不幸で精神が崩壊したのか、彼女は裁縫バサミを手にし、通り魔的犯行を繰り返す。それは後に日本中を恐怖に陥れる口裂け女の誕生であった。


saki.jpg
  登場作品「お姉チャンバラ THE MOVIE」
女子高生にして刺客!自分の中に流れる特殊な血液“忌血”を、ゾンビを生み出して喜んでるマッドサイエンティストに提供している極悪人だが、それは“強さ”を求めての行為だった。最後は寒いのにビキニを着てる変わり者の姉とドラゴンボールばりの闘いを繰り広げるが、お姉ちゃんのチャンバラ、略してお姉チャンバラには敵わず、そのまま息を引き取る。


rika.jpg
リカ  登場作品「最強兵器女子高生RIKA ゾンビハンターvs最凶ゾンビグロリアン」
剣豪の祖父に会う為、学校をサボって電車に飛び乗ったはいいが、辿り着いた町はゾンビがウヨウヨしていた。襲われたリカは腕を噛まれ、感染を防ぐ為に祖父はその腕を日本刀で切断。代わりに町に落ちてた適当な腕をくっ付けちゃえ、とプラモデル感覚で装着したのは何とスゴ腕のゾンビハンターの腕だった。座頭一ばりの殺陣でゾンビを次々と撃破、ラスボスのグロリアンにも見事勝利するが、アメリカから発射されたミサイルにより敢え無く蒸発。だが、グロリアンに噛まれた祖父だけは生きていて2代目グロリアンになるという無茶苦茶な結末はあまりに無茶苦茶。


aki.jpg
アキ  登場作品「女子競泳反乱軍」
転校した先の高校で競泳部への入部を誘われるも、校内では謎のウィルスの蔓延により生徒達がゾンビ化していた!だが、実は彼女も訓練された暗殺者であったことが判明し、股間からビームを出して事件の首謀者を木端微塵に粉砕する。最後は服用した薬が原因で、学校プールで泳いでいる最中に溺死する。


chise.jpg
ちせ  登場作品「最終兵器彼女」
ドジでとろくて気の弱い女子高生だったが、何故かある日突然日本の最終兵器に。最終兵器というだけあって街ひとつを簡単に消し去る程の圧倒的な戦力を持っており、味方の兵士からも悪魔呼ばわりされる。そのあまりにチートすぎる性能に、敵の連合軍も「ちせを抹消してくれれば停戦します」という条件を出す羽目に。ラストは連合軍のミサイル攻撃により大気圏上で破壊、世界に平和が訪れた。


meek<a href=
ミーコ  登場作品「デビルマン」
根暗な性格からか、クラスの女子からは大根芝居で罵られボールをブン投げられる日々だったが、デーモンと合体したことによりクールビューティーな女戦士に。「悪魔はお前ら人間だー!」という非常に分かり易いセリフをシャウトし、悪魔特捜隊を日本刀+機関銃で無双しまくる姿はこの映画唯一の見所。ハルマゲドン後も生き残り、一緒にいた少年と新世界への一歩を踏み出す。


gogo.jpg
GOGO夕張  登場作品「キル・ビル」
ヤクザ・オーレン石井のボディガードをしている女子高生。ゴーゴーボールと名付けられたガンダムハンマーみたいな鉄球を振り回し、黄色いライダースーツをきた白人女と結構良い勝負をするが、釘付き木材を頭部に叩き込まれて血の涙を流した後、絶命する。


mitsuko.jpg
相馬光子  登場作品「バトル・ロワイアル」
クラス全員で殺し合いをする理不尽なデスゲームをする羽目になった不幸な中学生の1人。ランダムで選ばれる武器の中から如何にも微妙な鎌を引き当てるが、相性がバッチリだったのか次々と相手を惨殺。だが、防弾チョッキを着た相手の前では成す術もなく、奮闘空しく射殺される。


br2-5.jpg
キタノシオリ  登場作品「バトル・ロワイアルⅡ鎮魂歌」
テロの首謀者を殺害するデスゲームに自ら志願した変わり者の中学生。ラグビー部で培った運動能力を活かし、戦争慣れしていない(当たり前)クラスメイトをサポートするが、途中でテロリストへと寝返ったことで国家を敵に回すことに。大人数で攻めてくる自衛隊の前では成す術もなく、奮闘空しく射殺される。


boogie.jpg
ブギーポップ(宮下藤花)  登場作品「ブギーポップは笑わない」
普段は素直で明るい感じの女子高生だが、世界の危機が近付くと自動的に“ブギーポップ”という名の別人格が現れる。細いワイヤーをメインウェポンとしており、それで標的を簡単に持ち上げる程の馬鹿力も持っている。原作を読んでないので良く分からないが、マントの中が宇宙になってるシーンは何を表現したかったのか意味不明。


misa.jpg
黒井ミサ  登場作品「エコエコアザラク」シリーズ
女子高生にして黒魔術をマスターしている超危険人物。ルシファーを召還せんとする同級生や、意思を持ったホムンクルス、破壊の悪魔エゼキエルなど、数々の強敵を闇に葬ってきた最強の魔女。中の人がコロコロ変わるのも特徴。


misaki.jpg
大下美咲  登場作品「トワイライト・シンドローム 卒業」
オカルト部所属の霊感女子高生。遊び半分で幽霊を呼び出してしまった友人らに的確な助言を与えサポート。知り合いにアラマタという名の怪しげな中年男性がいる。


reiko.jpg
九籐玲子  登場作品「超少女 REIKO」
霊媒師を祖母に持つ超能力女子高生。学園に起きている不可解な超常現象にESP研究会の友人らと立ち向かう。事件の元凶である甲冑姿の女子生徒と「AKIRA」ばりの念動力合戦をするが、ラストはまさかの敗北。驚異の役立たずっぷりを披露する。


nerawareta.jpg
三田村由香  登場作品「ねらわれた学園」
ある日突然超能力に目覚めた女子高生。ボーイフレンドの剣道の試合で相手選手の動きを止めて勝利に導くなど、あまり感心しない力の使い方をする。学園をねらっている謎の存在に果敢に立ち向かい、最後の対決では指先からガキの落書きみたいなビームを出して、腹に目玉のペイントをしている自称宇宙人を撃退する。




「闘う女子学生20連発」いかがでしたでしょうか?
最初に20連発!と大見得切ってしまったが為に、中には全然闘ってない女子生徒までいたりしますが、まぁご愛敬ってことで勘弁してください。
そんなワケで「ラスト・ブラッド」は5/29に公開!
観に行く人は例えつまんなくても日本刀でスクリーンを切らないように!



スポンサーサイト
別窓 | 特別企画 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<「ラスト・ブラッド」鑑賞記 | 恐怖映画狂日記 | 仕事ゲーム映画ゲーム仕事映画ゲーム仕事仕事ゲーム>>
この記事のコメント
闘うじょしこおせいということで
「山形スクリーム」もよろしく
2009-08-11 Tue 11:04 | URL | 阿武雲 #-[ 編集] | top↑
山形スクリームは今週末に観に行く予定です。
闘う女子生徒好きとしては見逃せない作品ですから(笑)
2009-08-13 Thu 00:13 | URL | 樹海 #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| 恐怖映画狂日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。