スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
近況報告
2010-04-28 Wed 22:01
ようやく春の兆しが来たと思ったら「はい、残念でした~!」とばかりに唐突に寒くなる今日この頃、皆様は何を着てお過ごしなんでしょうか。長袖?半袖?

スティングレイから発売した「ゾンビ新世紀完全版DVD-BOX」が家に届いたので、最近の私の休日はというと、もっぱら画面に映し出される高画質のゾンビたちとにらめっこの日々でございます。木曜洋画劇場バージョンのアルジェント監修版はファンなら感涙ものだし、特典の如何わしい日本版劇場予告や、いい年こいたオッサンたちが大真面目にゾンビを語っているドキュメンタリー「ゾンビマニア」も最高の一言。ジャケットがシンプルで洗練されたデザインというよりは単なる手抜きにしか見えないのが残念だが、これは是非とも墓の中にまで持っていきたい決定版。大枚はたいて買った甲斐があったというものです。

話は変わりまして1週間程前、仕事帰りに何だか毒のある映画を観たい気分になったので、「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきたんですが、これが驚くほどに全然ダメでした。本当に監督がバートンなのかと疑いたくなるほどのヌルイお子様向けファンタジーで、稚拙な脚本がせっかくの不気味なキャラクターや世界観を台無しにしてしまっていた。
仕方が無いので、家に帰ってからヤン・シュヴァイクマイエル監督の「アリス」のDVDを鑑賞。こっちの「不思議の国のアリス」は正真正銘のキチガイ作品で、実はゲームの「サイレント・ヒル」の元ネタになっていたりもする。腹の裂け目から大鋸屑をしきりにこぼす白ウサギ、机の引き出しの中にある大量の安全ピン、缶詰を開けたら溢れ出る大量のゴキブリ、穴を出たり入ったりする靴下の芋虫…。悪夢としか言いようの無いシュールな世界観に引き込まれつつ、やっぱり「アリス・イン・ワンダーランド」は完全にお子様向けだということを再認識した。

alice.jpg
alice-2.jpg
シュールにも程がある映像の数々。バートンは本作を100回ぐらい見直せ


そんなワケで、またしても話は変わりますが、本サイトに掲載しているゾンビvs高校生の血みどろホラー小説「ハイスクール・モンスター 鮮血の登校」の続編を少しずつ書いてたりしてます。物語は前作のエピローグの直後から始まりますが、次第に前作とは関係の無い話へとシフトしていきます。フルチの「地獄の門」「ビヨンド」、アンドレア・ビアンキの「ゾンビ3」などを参考にしました。大学教授が構内にある地獄の門の封印を解いてしまった所為で、学生達が大変なことになる巻き込まれ系のゾンビホラーです。
「ああ、またこの管理人はバカなモン書いてんなぁ」みたいな生温かい目で見守って頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
別窓 | 映画感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| 恐怖映画狂日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。