FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
近況報告
2010-04-28 Wed 22:01
ようやく春の兆しが来たと思ったら「はい、残念でした~!」とばかりに唐突に寒くなる今日この頃、皆様は何を着てお過ごしなんでしょうか。長袖?半袖?

スティングレイから発売した「ゾンビ新世紀完全版DVD-BOX」が家に届いたので、最近の私の休日はというと、もっぱら画面に映し出される高画質のゾンビたちとにらめっこの日々でございます。木曜洋画劇場バージョンのアルジェント監修版はファンなら感涙ものだし、特典の如何わしい日本版劇場予告や、いい年こいたオッサンたちが大真面目にゾンビを語っているドキュメンタリー「ゾンビマニア」も最高の一言。ジャケットがシンプルで洗練されたデザインというよりは単なる手抜きにしか見えないのが残念だが、これは是非とも墓の中にまで持っていきたい決定版。大枚はたいて買った甲斐があったというものです。

話は変わりまして1週間程前、仕事帰りに何だか毒のある映画を観たい気分になったので、「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきたんですが、これが驚くほどに全然ダメでした。本当に監督がバートンなのかと疑いたくなるほどのヌルイお子様向けファンタジーで、稚拙な脚本がせっかくの不気味なキャラクターや世界観を台無しにしてしまっていた。
仕方が無いので、家に帰ってからヤン・シュヴァイクマイエル監督の「アリス」のDVDを鑑賞。こっちの「不思議の国のアリス」は正真正銘のキチガイ作品で、実はゲームの「サイレント・ヒル」の元ネタになっていたりもする。腹の裂け目から大鋸屑をしきりにこぼす白ウサギ、机の引き出しの中にある大量の安全ピン、缶詰を開けたら溢れ出る大量のゴキブリ、穴を出たり入ったりする靴下の芋虫…。悪夢としか言いようの無いシュールな世界観に引き込まれつつ、やっぱり「アリス・イン・ワンダーランド」は完全にお子様向けだということを再認識した。

alice.jpg
alice-2.jpg
シュールにも程がある映像の数々。バートンは本作を100回ぐらい見直せ


そんなワケで、またしても話は変わりますが、本サイトに掲載しているゾンビvs高校生の血みどろホラー小説「ハイスクール・モンスター 鮮血の登校」の続編を少しずつ書いてたりしてます。物語は前作のエピローグの直後から始まりますが、次第に前作とは関係の無い話へとシフトしていきます。フルチの「地獄の門」「ビヨンド」、アンドレア・ビアンキの「ゾンビ3」などを参考にしました。大学教授が構内にある地獄の門の封印を解いてしまった所為で、学生達が大変なことになる巻き込まれ系のゾンビホラーです。
「ああ、またこの管理人はバカなモン書いてんなぁ」みたいな生温かい目で見守って頂ければ幸いです。
スポンサーサイト
別窓 | 映画感想 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
戦慄した!「戦慄迷宮3D」に戦慄した!
2009-10-22 Thu 22:04
死んだ筈の仏陀が現代に再誕して人間を食い散らかすゾンビムービーが各地で話題になっていますが、何でも興味本位で観てしまうと劇場で信者に囲まれるという臨場感溢れるスリルが体感出来るそうです。まさにキュービックショック

そんなスリルに匹敵する恐怖を体感出来るのが、清水崇の「戦慄迷宮3D」である。
富士急ハイランドのアトラクションをまんまロケに使用して作られたお手軽ホラーであるが、てっきりお化け屋敷に迷い込んだバカな若者が殺人鬼に惨殺されていく和製「ファンハウス」みたいな映画かと思っていたら、清水崇のお家芸である“歪んだ時間軸”をバリバリに活かした不条理ホラーでした。

「呪怨」の清水崇”というイメージを払拭したいのか、それっぽいショッキングシーンは僅か数箇所のみというのは肩透かしを食らわされた感じですが、若者たちがアトラクション内を右往左往している様を息詰まるような圧迫感溢れる演出で描ききっているのはさすが大御所といったところ。3D映画だが、飛び出すというよりは奥行きのある映像が不安を増大させていて、まるで映画の登場人物と一緒に戦慄迷宮を彷徨っているかのような錯覚にさせるのもお見事。
病院を訪れていた筈が、いつの間にかそこがアトラクションの戦慄迷宮になっていた…という展開は「サイレントヒル」の異界化を彷彿とさせる恐怖を感じさせるし、最初はどうってことないアトラクションの仕掛けである人形や小道具の数々が、クライマックスに行くに従って登場人物を本気でビビらせる恐怖の対象になっていくのも面白いです。

ただ1点、全てを観客の判断に委ねる結末だけはチョット不満の残る出来。謎多きストーリーだけに、そこは同監督の「輪廻」ばりに明確な答えを提示しても良かったのではないかと思ったんですが…。
それにしても、若者グループの役者の中で前田愛が一番最年長というのは時代の流れを感じるなぁ…。あと、柳楽優弥が最近見ないうちに激太りしていて誰だお前はと本気で思った。この子の将来が心配です。

senritu.jpg
別窓 | 映画感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ヱヴァ破」まじパネェっすよ (ネタバレだらけ)
2009-06-29 Mon 23:15
散々待たせやがった新作「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破」を前作同様、初日に並んで観てきたんですが、何かもう…色々と衝撃的すぎて当分は仕事に身が入りそうもないです(もとから大してやる気は無い)。

序盤「弐号機のスーパーイナズマキックかっけー」→中盤「これ何てエロゲ?」→終盤「ちょwwwアスカがwww庵野貴様wwwww」→ラスト10分「熱血シンジwwww…ってサードインパクトwwwまた人類滅亡すかwwww」→スタッフロール後「えええぇぇぇぇええぇええぇぇえええええ!!!

大雑把な感想はこんな感じです。要するにカオス。本作にはタイトルの「破」が象徴しているように、既存のエヴァのイメージをぶっ壊すかのようなトンデモな展開が目白押しで、綾波の「碇君とPOKA☆POKAしたい」発言とか、エレベーターの中でアスカのビンタを華麗にガードする綾波、エヴァが使徒を食うと思いきやその逆をやらかすシーンなんかは、旧作を見てきたファンにとっては物凄いインパクトだったと思います。あと、新キャラのマリ(語尾に「~にゃ」を付ける巨乳の眼鏡ッ娘)がこれまたエヴァの世界観を壊しかねない破天荒なキャラで、「365歩のマーチ」を陽気に歌いながら使徒と闘うシーンはマジでどうしようかと思いました

他にも、アスカの遊んでる携帯ゲーム機の起動音がワンダースワンだったりとか、ミサトさんのケータイ着信音がキングギドラの鳴き声だったりとか、伊吹マヤがネルフに出勤する時のBGMが「太陽を盗んだ男」の挿入曲のまんま流用だったりとか、一体誰に向けて仕込んだのかサッパリ分からない超マニアックな小ネタ(多分まだある)が随所に見られ、観る度に違う驚きがありそうです。次回作「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:Q+?」にも期待が高まりますが、また2年も待たされると思うと冗談抜きでこっちがビーストモードになりそうです。2年後ってことは26歳かぁ…放送当時はチルドレン達よりも年下だったのに、気付いたらミサトさんの年齢に近付いているというのも、何か色々と感慨深いものがあるなぁ…。







別窓 | 映画感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「ラスト・ブラッド」鑑賞記
2009-06-02 Tue 22:54
ってなワケで観てきましたよ、「ラスト・ブラッド」
いつもは仕事帰りのついでに都内の映画館に行ったりするんですが、この日は朝から休みだったので茨城のド田舎にある寂れた映画館にドライブがてら出掛けてきました。何と、劇場に着いたら地元の中高生らが長蛇の列を作ってるではありませんか。「ヤベ、立ち見かよ」と思ってたら全部「ルーキーズ」でした。ちなみに、「ラスト・ブラッド」の方は私含めて2人だけでした。でも以前、「ゾンビ3D」をたった1人で空しく3Dメガネ掛けて鑑賞した経験のある自分にとってはチャーラーヘッチャラです。べ、別に寂しくなんかないんだからね!

さて、映画の内容であるが…内容であるが…何とも微妙な映画だなオイ!
地下鉄で列車内のオニをブッた斬るオープニングや、米軍基地内のハイスクールに潜むオニとの対決など、概ね原作通りに進行する前半部分は悪くないんですよ。特に、夜の街を舞台にワラワラと湧き続けるオニを日本刀で無双しまくる小夜なんか拍手したくなるくらい格好良いです。アクションの最中に傷だらけのDVDを再生してるみたいにコマ送りっぽくなる演出も、最初は超ウゼーと思ったけど慣れてきたらCOOOOOL!な感じで良かったですし。でも、その先のオリジナル展開が、脚本家に軽く飛び蹴りかましたくなるほど酷い。小雪演じるオニの根源たるオニゲン(なんちゅー名前だ)が唐突に現れ、現実とも虚構ともつかぬ幻想的な世界で小夜と対峙したかと思えば、5分足らずでアッサリ負ける小雪…。そこへ取って付けたように原作のエピローグを持ってきて強引に終わらすのはあまりにあんまりです。そういえば「サスペリア・テルザ」のラスボスも秒殺だったが、あれはアルジェント流の一発ギャグなのでOK。

それと、小夜の過去のシークエンスは完全に蛇足だったと思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
カンフー映画のテンプレみたいな恰好した倉田保昭がスッゲエ頑張ってましたけど、彼の存在が作品からスッゲエ浮いてたのは気のせいでしょうか。あと血飛沫などで用いられるCGのクオリティが「お姉チャンバラ THE MOVIE」と大差無いのは単純に予算不足の所為なのでしょうか。
まぁ何ですか、ダラダラと不満点ばっか書いてきましたけど「レジェンド・オブ・チュンリー」に比べたら1000倍くらい楽しめた映画でしたよ。アレは現時点での2009年ワースト作品だったりします(笑)


last blood
もうすぐ30歳なのにセーラー服が似合うチョン・ジヒョン
別窓 | 映画感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」は大傑作
2008-11-15 Sat 20:48
ロメロ・ゾンビ最新作、「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」がついに公開。夜勤明けでゾンビみたいな顔色の私も、いっちょ気合入れて銀座シネパトスまで足を運んできましたよ。
映画館に着いて驚いたのが、ゾンビ映画の公開とは思えぬほどの大行列。土曜の朝っぱらから並んでゾンビ映画観るなんてどこの暇人だよ!と同属嫌悪的な感情を抱きつつも、チケットとパンフとバカでかいポスターを購入し、席に座る。予告編の上映が始まり、館内の照明が消えても続々と入ってくる観客達。空席を求めて真っ暗闇の館内をヨタヨタと歩き回る彼らの姿はまさしくゾンビであった。

観賞終了。凄い…凄いよ、この映画!「ランド・オブ・ザ・デッド」も傑作であったが、「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」大傑作だ!正直、事前情報で手持ちカメラの、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」方式の作品だと知った時は「そんなの面白いワケねえじゃん…ロメロ、ついに狂っちゃったんだ…」と大層ガッカリしたものだが、それは大きな誤解であった。手持ちカメラの主観映像といっても、「クローバー・フィールド」のような嘔吐上等の手ブレ全開映像はほとんど無く、2人の登場人物がそれぞれ撮影しているカメラの映像を交互に写して映画のような(ってか映画なんだけど)カット割を演出したり、建物内の監視カメラの映像で進行させたりと、三半器官の弱い私にも優しい内容。

今回、ロメロは「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」から始まる一連の話の流れをあっさりとリセットし、ゾンビ発生初期の頃の騒動を描いている。自主製作映画を撮影中の大学生グループが、世界各地で起こり始めている死体甦り事件に巻き込まれていくストーリー展開は、これまでのドロドロした人間ドラマが中心だったロメロ・ゾンビとは一味も二味も違う面白さだ。ド派手なアクション等は一切無いのに、途中で退屈を感じることが無かったのは、女子寮→病院→納屋→黒人集団のアジト→屋敷と、目まぐるしく舞台が変わっていくのと、登場人物が全員魅力的に描かれているからであろう。前作「ランド・オブ・ザ・デッド」では極端に弱かった登場人物達の個性も、今回ではアーチェリーや謎の剣をブン回してゾンビを撃退するアル中の大学教授を筆頭に、何だかとんでもないことなってしまっている。中でも、途中の納屋で唐突に現れる難聴のジジィは恐らくロメロゾンビ史上最強のキャラと言ってもよく、脈絡なくダイナマイトを放り投げてゾンビ集団を木端微塵に粉砕する登場シーンからしてこのジィさん何者だよ!と誰もがツッコミをいれることであろう。そしてあの最期……あのジィさん、ホント何者だよ!

そんな笑えるキャラを登場させつつも、「個人の発信する情報(ブログやyoutube)がメディアになり得てしまう現代社会の危うさ」という社会風刺が全編にピリリと効いていて、まさしくロメロにしか撮れない極上の社会派ゾンビ映画に仕上がっている。ラストを締めくくるヒロインの痛烈な台詞、「私達を救う価値などあるのだろうか?」には、誰もがスッキリとしない、モヤモヤとしたものを心に残すことであろう。

もう、何ていうか、ロメロ爺さんには死ぬまでゾンビ映画を撮ってもらいたいですね。そんでもって死んだらゾンビになってほしい。ついでにフルチ爺さんも一緒に甦って、近年のクソみたいなゾンビ映画撮ってるクソみたいな映画監督を2人で食い散らかして欲しいですね!特に「ゾンビ3D」の監督とか「ゾンビ3D」の監督とか!
そういえば、近年流行の猛ダッシュゾンビに対する批判めいた台詞もありましたね。冒頭、彼らが撮影している自主制作のミイラ映画で、主人公がミイラ役の男の動きにダメ出しするシーン。
「何度も言ってるだろ!死体はノロいんだ。そんなに早く動いたら脚がモゲるに決まってるだろ!」
ロメロ爺さん…やっぱりリメイク版の「ドーン・オブ・ザ・デッド」「デイ・オブ・ザ・デッド」が気に入らなかったんですね。
別窓 | 映画感想 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
誰か私に休みをください
2008-09-17 Wed 21:07
ハンパねー!!休み無さ過ぎてハンパねー!!
ひいいいいいい殺されるうううううう!!会社に殺されるううううううっっ!!!!!!!1

ども、樹海です。
久々の更新ですが、新たに「潤二教室」なる授業を開講しました。
伊藤潤二漫画の実写化作品を紹介していく予定です。
まだ4作品しかありませんが、次の更新では「富江」シリーズを一挙にupしたいと思います。
潤二作品の実写化は某キング氏と同様に大半がゴミ映画でありますが、どれも荒唐無稽な原作をいかに実写で表現するかという、製作陣の工夫が感じられる味わい深い作品ばかりで大好きです。

僅かな休みや仕事帰りの時間を利用して映画館に行く機会が多くなりましたが、最近は本当に期待外れの映画ばっかりで、心の底から金と時間を返せと叫びたくなることもしばしば。
というわけで最近観た映画の感想を大雑把に。

「ひぐらしのなく頃に」…キャストは良いけど、話が途中でダレる。及川はホラー撮るな
「スターシップ・トゥルーパーズ3」…死に日和!絞首刑!全裸!パワードスーツ!傑作!
「ハムナプトラ3」…エブリン、俺のエブリンは何処?あのオバンがエブリンだなんて信じない
「デイ・オブ・ザ・デッド」…物凄く金の掛かった「ゾンビ・オブ・ザ・デッド2」みたいな話でした
「攻殻機動隊2.0」…再び劇場で攻殻が観れる。それだけで100点
「スカイ・クロラ」…隣の席に座ってた女性が草薙水素にソックリでドキドキしました
別窓 | 映画感想 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
船の上のシリョ(死霊)
2008-08-06 Wed 12:32
 全世界待望の新作「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」をついに鑑賞。人気ゲームの映画化なのに全国で3館しか上映していないというのは誠に遺憾ですが、運良く職場の目の前にあるお台場シネマメディアージュで上映されるということなので、仕事終わりに気合入れて行って来ました。

 チケット売り場に親子連れが長蛇の列を作っていて、「ヤベ、立ち見かよ」と思ったら全部ポニョでした。ってかそれ以前にメディアージュは全席指定だから立ち見は無いということに気付いて一安心。上映開始ギリギリに入ったのに女性2人組とジジィ1人しかいないというのは流石に衝撃を受けましたが、きっとその女性2人組も超ハードコアなトワシンファンなのだろう。何か小さい声で「先週ヘキサ見たぁ?」とか聞こえるけど、主演の羞恥心の野久保直樹を目当てに見に来たなんてことは決して無いのだろう。

 予告が無くていきなり本編からという斬新すぎる上映方法に感動しつつも鑑賞開始。クルージングを楽しむ男女6人の若者達が、現実を変えてしまうゲームを手にしてしまったせいで、何だかとんでもないことになるという「トワイライトシンドローム」とは何ひとつ関連性の無いストーリーに思わず椅子から転げ落ちそうになったけど、船という密室を舞台に、ゾンビ船員やフリークス面の殺人鬼が襲ってくる展開はなかなか緊張感があって良い。何で「トワイライトシンドローム」の映画化でゾンビの集団が出てくるのかはサッパリ分かりませんが、チープなグロといい、随所で流れる能天気で間抜けな音楽といい、どこか80年代のスプラッターを彷彿とさせるのも好感が持てます。くどいようだが「トワイライトシンドローム」はそんなゲームではありません。全国の野久保直樹ファンを発狂させるかのようなバッドエンド、トワシン風に言うなら大凶エンドオチも笑えました。まぁ、映画館で観るような作品じゃないのは確かですが、何だか思わぬ拾い物をしてしまった感じで、8/16に公開される「トワイライトシンドローム デッドゴーランド」も待ち遠しい今日この頃です。


1006976_02.jpg     1006976_03.jpg
別窓 | 映画感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 恐怖映画狂日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。